【あの有名人には何人並んだ?】初公判の傍聴希望者数

Pocket

有名人 初公判 傍聴席倍率

本日、覚せい剤取締法違反で逮捕された清原被告の初公判がありました。

超が付くほどの有名人である清原被告ですが、その初公判にはどれだけの人が集まったのでしょうか。

過去にも多くの有名人の初公判がありましたが、最も参列者が集まった有名人をランキング化してみました。

スポンサーリンク

 

清原被告初公判


本日5月17日、東京地裁にて覚せい剤取締法違反の罪に問われている清原被告の初公判が行われました。

また、前日からもテレビでは大きく取り上げられており、その一般傍聴席を求めてファンを含めかなりの人が集まると予想されていました。

 

 

そして本日初公判、実際に集まった人の数は「3769人」、一般傍聴席倍率はおよそ「188倍」とのこと。

 

席の数は僅か20席しかないので凄まじい人の数ですね。

 

過去に逮捕された有名人といえば


有名人の初公判といえば記憶にも新しい、歌手の「ASKA」ではないでしょうか。
初公判があったのは今から約3年前ですね。

 

他にも、女優「酒井法子」の初公判も大きな話題になりました。

 

 

みなさん共通しているのが薬物で逮捕されています。
薬物は再犯率が65%以上と非常に高く、釈放されてもその後どうするのかがとても重要です。

 

 

ところで芸能人以外でも多くの人が集まった初公判はありますが、最も関心を集めたのは一体誰なのでしょうか。

 

有名人初公判の参列者数ランキング


過去の有名人の初公判傍観希望者数を5位までランキング化してみました。
結果は以下の通りです(必ずしも正当性・完全性を保証するものではありません)

 

 

1位:松本智津夫死刑囚(オウム真理教)
傍観希望者数:12,292人
倍率:256倍

 

2位:酒井法子
傍観希望者数:6,615人
倍率:330倍

 

3位:清原和博
傍観希望者数:3,769人
倍率:188倍

 

4位:ASKA
傍観希望者数:2,646人
倍率:126倍

 

5位:押尾学
傍観希望者数:1,554人
倍率:25倍

 

 

 

過去最も人が集まったのはオウム真理教の松本智津夫死刑囚のようですね。
倍率で見ると酒井法子が最も高い倍率となりました。

 

 

ちなみに清原被告とASKAは初公判日が雨天にもかかわらず、これだけ多くの人が集まったのがさすが超有名人です。

 

どれだけすごいのか他の有名人と比較


過去逮捕されたことのある有名人は数多くいますが、一部の有名人を初公判傍観希望者数の比較として挙げたいと思います。

 

田代まさし
傍観希望者数:137人
倍率:5倍

 

小向美奈子
傍観希望者数:133人
倍率:4.9倍

 

 

100人以上集まるだけでもすごいですが、こう見るとやはりランキングに書いた人間の関心度の高さが窺えます。

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です