【実体験】◯◯情報商材の多くは詐欺

Pocket

怪しい男

今回は「情報商材」の真実について私が実際に体験した話を交えて書きたいと思います。

もし今情報商材の購入を考えている人、是非お読みください。

スポンサーリンク

 

情報商材とは


こちらの記事をお読みになっている方はあらかた情報商材とはどういったものかご存知かと思いますので、基本的なことは割愛します。

 

タイトルに◯◯情報商材と書きましたが、この〇〇は所謂アフィリエイト系(稼ぐ、儲かるなど)です。

 

「そんなの騙されない」

「引っかかる人いるの?」

 

そう思われる方もいると思いますが、騙される人がいるから未だにこういった類のものは無くなりません。
人を騙して利益を得るなんてのは最低の行為です。

 

もし購入に悩んでいる、ちょっと気になっている、という人がいれば必ず一旦踏み止まり冷静になってください。

 

実際にアフィリエイト商材を買ってみる


私は高校生の頃にアフィリエイト情報商材を購入したことがあります。

それは「誰でも絶対に稼げます!」「簡単に月収30万になります」といった酷い謳い文句のものでした。

 

ですがそれまで人に騙された経験もなく浅はかだった私は興味本意で購入、値段は3万円です。

 

よくもまぁ3万円も出しましたね…..当時の私を殴ってやりたいですよ。

 

銀行に向かい指定の口座に振り込みます。
そうするとすぐにアドレスに一通のメールが届きました。

 

「ご購入頂きありがとうございます。月収30万円稼げるためのノウハウが詰まった資料をお届けします。」みたいなことが書いてありPDFが一つ添付されていました。

 

 

早速開きます。

 

中にはいろいろ書いてありましたが、要は今回私が買ったようにサイトを作って他の人にも同じものを買わせろとのこと。

 

 

 

…はぁ?

 

 

 

3万円払って何の参考にもならないそれだけの情報です。

愕然としました。

 

クーリングオフを考えましたが、そこには脅し文句のように「〜日間実践して成果が得られない方のみ、実践したデータを送っていただき返金に応じます」との意味不明な記述。

 

実際そんな記述は全く関係なくクーリングオフをすればよかったのに、私は何故か泣き寝入り。

 

 

典型的な情弱でした。

 

 

仮に今そこの電話番号が手元に残っていても今更クレームを入れる気は勿論ありませんが、HPと一緒にここに晒すぐらいはしたかもしれません笑

 

詐欺情報商材の共通点


こういった詐欺情報商材の共通点はだいたいがペライチで構成されています。
つまりランディングページだけで購入まで完結させるということです(恐らくページを移動させると成約率が下がるからでしょう)

購入ボタンもトップ、記事中、記事下に散りばめてるのが基本の形ですね。

 

スクロールバーを見てもわかると思いますがとにかくページ1枚で書かれていて内容も長いです。

 

そして間違いなくページの下の方に、目線やモザイクを入れた人物写真を使い、成功体験談などがあります。
これが購入意欲に拍車をかけます。

具体的には、そのページを見るような人になるべく近い境遇の設定にして、見事現状を変えることが出来た例を載せるのです。

 

 

見る人が見れば一目で怪しいと思うので、少しでも内容に疑問を感じたら詐欺だと思いましょう。

 

実際に詐欺紛いを行う会社にて


ちなみに私は以前、入社してから知った詐欺紛いのことをしている会社へ入ったことがあります。

ユーザーにあの手この手で会員登録をさせて、その報酬を得るというものです(ユーザーに直接的な損害というのはなかったので詐欺紛いと書かせていただきました)

 

最初こそ末端作業でしたので全容が分かりませんでしたが、ユーザーを騙すものと知った瞬間退職しました。

 

 

この会社については、詳しい話をまた別の記事で書きたいと思います。

 

おいしい話はない!


「世の中にそんなおいしい話はない」とよく耳にしますが、全くもってその通り。

ましてや人を騙してお金を取ろうなどとは言語道断です。

 

中にはメルマガなどで本当に役立つ商材を売っている人もいるかもしれませんが、その人に利益が発生する以上、オススメはオススメでないと疑ったほうが私はいいと思います。

 

 

あの3万円は高い勉強代だと思い今でも戒めにしています。

 

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です