【魔王チャレンジLv3まで攻略!】3は魔王使いません!

Pocket

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

レジェンドクエストの終章をクリアすると出現する「魔王チャレンジ」をレベル3まで攻略しました!(レベル3は魔王をパーティーに入れず挑戦します)

全てウェイト制限のミッションを含みクリアを目指します!

スポンサーリンク

 

魔王チャレンジLv1


それでは早速最初のレベル1へ挑みます。

ウェイト制限は140ですね。

 

パーティーはこんな感じにしました。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

正直エビルソーサラーの枠は微妙に余ったので入れただけです。
相手の攻撃が散って囮のような感じになればいいかな?

装備に関してもウェイトにちょっと余裕があれば付けるようにしています。

 

毎度のことながらレベル1は特に難しくありませんね。
敵はりゅうおう1体のみで、倒すと終章と同じ、連戦で竜王との戦いになります。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

魔王チャレンジLv2


続いてレベル2に挑戦します。

ここもまだウェイト制限は140、リーダーはドレアムのままですが少し具を変えたいと思います。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

見ての通りメラ対策パーティーにしました。

 

というのも、以前開催されたことのある「竜王チャレンジ」というイベントでは竜王のしゃくねつがかなり強力なものでした。

© 2014-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. © SUGIYAMA KOBO

© 2014-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO

 

結構難易度が高く当時は攻略するのに苦労しました…..

 

 

 

それではりゅうおう戦、ここからザコがいるようですね。

 

 

……!
ザコがマホトラ!?ww

これはキツイ!

 

ドレアムなんてMPやられたら連れてきた意味ありません。
ただウェイトが重いだけです。

 

しかし幸いにも喰らったのはレパルドだけ、その後もベギラマや通常攻撃でした。
マホトラをどれくらいしてくるか、誰に使ってくるか、この辺の運要素もありそうですね。
耐久力はないようなので間違いなく優先して倒すのはザコかと思います。

また、りゅうおうはいてつくはどうをしてくるのでバフをする余裕があれば攻撃した方がいいかもしれません。

 

 

連戦なので体力をほぼ満タンにしてから倒します。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

 

 

レベル2竜王!

 

竜王が使ってくる特技などはレベル1と同じようですね。

 

りゅうおうとは違いいてつくはどうをしてこないので
※どのチャレンジレベルでも竜王もいてつくはどうは使ってくるとのことでした!すみません!

バザックスが覚えているスクルトを常に二重がけさせておきます。
竜王の気を付ける特技は「はげしいおたけび」と「竜の怒り」でしょうか。
特に竜の怒りは弱体効果がかかっていればそれを打ち消して、攻撃と防御が二段階上がるというかなり厄介な特技です。
長期戦を想定する場合は、いてつく眼光持ちなどが一体いるといいかもしれません。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

MPギリギリでなんとか撃破!
倒れそうなモンスターをうまいことバザックスで身代わりできたのも良かった。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

 

チャレンジ系のイベントはやりごたえがあって面白い!

 

魔王チャレンジLv3


ミッションのウェイト制限が150に上がりました。
ここからおそらくグッと強くなりそうな気がします…..

 

そういえばここ最近こういうクエストではドレアムサンドのパーティーでばかり攻略しているので、レベル3はドレアムなしで挑んでみたいと思います。
というか魔王は使わないで挑みます。

 

 

そんなわけでスタメンはコイツらだー!!

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

カンダタサンド!
結局ドレアムサンドに近い構成w

 

しかし魔王は一体も入れません!

まぁ今回のウェイト制限クエストには魔王自体ちょっと不向きな気もしますが。

 

 

パーティーのそれぞれ役割というか構成内容はこんな感じです。

 

カンダタ:基本メッタメタ切り、ピオリムは常に二段階上がっているようにかけさせる。

オガキン:スクルトでサポートしつつ、全体が危なくなればにおうだち。攻撃力が高いので通常攻撃もさせる。

レパルド:りゅうおうには通常攻撃のみ、竜王ではMPが切れるまでマヒャド切り。

ゲリュオン:バギに弱いストーンマンにバギクロス、スクルトでサポート、竜王にかみくだきで攻撃防御の下げを狙う。

ごくらくちょう:基本ヒーラー、スクルトでもサポート。

カンダタ(フレンド):リーダーのカンダタと基本同じ、はげおた対策でマインドバリアを張らせる。

 

こんな感じで挑んでみたいと思います。
レパルドの星1がちょっと気になりますが…..

 

 

 

それではりゅうおう戦!

すでに上でも書きましたが、レベル3ではザコにストーンマンが2体出てきます。

 

これがめちゃめちゃ固いです
ビックリします
ダメージ1桁です

 

なのでゲリュオンのバギクロスで3桁与えながら、カンダタのメッタメタ切りで防御を下げます。
防御が一段階でも下がるとやっとそれなりにダメージが入りますね。

りゅうおうは特にレベル3でも変わったことはしてきません。
ベギラマが地味に痛いのでそこだけ注意ですね。

 

MPをそれなりに残して竜王戦になります。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

初見でクリアなるか!

 

 

竜王戦!

レベル3になっても竜王ははげしいほのおなんですね。
メラ対策していませんがダメージもそこまでありません。

 

 

これが大体HPを半分近く削ったところで、相手はゲリュオンのかみくだきで攻撃防御共に下げている状態、こちらはスクルトピオリムマイバリが入っている状態です。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

 

ここまで良い流れですが、そんな流れを一瞬で断ち切る「竜の怒り」が発動します。

 

これホント厄介…..

 

はげおたも威力が上がるので全員結構なダメージを喰らい、そのまま通常攻撃でHP満タンから一気に瀕死になります…..

 

 

しかし!そんなことは想定していました!
オガキンが命を張って全ての攻撃を受けます!
盾おじさんマジイケメン!

 

この時点では竜王のHPもあと少しといった状況なので、バフなど小細工はしません。
一気に落としにかかります!

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

ギリッギリでクリア!!w

カンダタのAI回数にこんなにハラハラするとはw
あと通常攻撃2〜3回で倒しそうなところでAI1とかだったら「許してくれよ」でも許さんぞ…..

 

 

何はともあれとりあえずウェイト150もクリアです。

 

dqmsl レジェンドクエスト 魔王チャレンジ

 

 

やはり難易度が上がるにつれて運要素もかなり重要になってきますね。

 

 

魔王チャレンジLv4はまだ挑んでいないのでどんなザコが出てくるのかもわかりませんが、また時間があった時に挑戦して感想とか書きたいと思います。

 

※魔王チャレンジLv4を攻略した記事はコチラ!
【魔王チャレンジLv4攻略!】魔王なしウェイトクリア!

 

 

Pocket

スポンサーリンク

【魔王チャレンジLv3まで攻略!】3は魔王使いません!」への4件のフィードバック

  1. ゆかくえ

    参考にさせて頂きました。
    Level2までクリアしました。
    もたもたしてたら竜王もいてつくはどうをしてきました。。(´-`).。oO(

    1. pingen 投稿作成者

      ゆかくえさん
      コメントありがとうございます。
      少しでも参考になりましたら幸いです。
      なんと、これは失礼しました!
      どのレベルでもいてつくはどうは使ってくるのですね…

      私もまだ途中までしかクリアしておりませんので一緒に頑張りましょう!(´∀` )

  2. ゆかくえ

    レベル3クリア出来ました!
    カンダタ★4
    新生 デスピサロ★1
    ホイミン★4
    軍曹★4
    新生 盾おじ★4
    ドレアム★0(フレ)

    レベル4でメンバーチェンジするか迷い中です。
    デスタムーアの封印の霧や、ファンタズマのマホアゲルもいいかな〜と思ってますヽ(゚Д゚)ノ

    1. pingen 投稿作成者

      ゆかくえさん
      おお!おめでとうございます!!\( ´▽`)/
      カンダタや星付きデスピなど手厚いモンスターもお持ちのようなのでレベル4も攻略出来そうですね!
      ファンタズマのマホアゲルいいですよね!私もファンタズマ育てようと思って地図みたら、Bランクすらほとんど持っていなかったというww
      悲しい….

コメントは停止中です。